メモ帳

PCの話や覚え書き等

SSL

テンプレートがSSL(httpsって奴です。)に対応していない事が解ったので取り敢えず見栄えだけは直した。

昔の物なので致し方無いです。
ブログ | comments (0) | -

Debian11を入れようとしたけれど

覚え書きに限定しちゃうとほとんど更新できないと気がついたので覚え書きだけで無くPCの話なんかも書こうと思う。

昨日は雨が降り庭仕事が出来ないのでDebian11をインストールしようと思ったけれど挫折した。

入れようと思ったPCは↓である。
トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140
液晶サイズ:10.1インチ
CPU;Atom N450 1.66GHz 1コア/2スレッド
メモリ:2GB
HDD:160GB
解像度:1024 x 600
現在メインのOSはUbuntu18.04を自分でLXDEにカスタマイズしたOSである。

Unofficial non-free imagesのここからdebian-live-11.0.0-i386-lxde+nonfree.isoをダウンロードしてUnetbootinにてライブUSBを作った。
PCをBiosでUSB起動の設定にして起動させたのだがライブUSBで起動しなかった。
普通にUbuntuの起動メニューになってしまう。
何でだろうなぁ?
ダウンロードが悪かったか、焼くのに失敗したか、古い物なのでUSBメモリが駄目なのか?
USBメモリが怪しそうなぁ?

で挫折した訳なのである。
今の環境で問題なく、慌てて入れ替える気にはなれないのでまぁ良いかになってしまった。

ってかUbuntu18.04は2023年まで使えるのでまだまだ使うつもりだ。
32bitはChromeが使えないし、ChromiumのブラウザがGoogleアカウントにログインして使えなくなってしまった。
以前から使っているChromiumはGoogleログイン時のデータが残っているが、今から新しいChromiumを使うと逆に不便になるのである。
新しいDebian入れても今は使う気がない。
と言う訳でやる気がおきないのである。

普通にPC使うだけなら、次々新しいOSに入れ替える必要はないのである。
Linuxのお試しと言うのは完全趣味であって実用ではない。
必要でもない作業を今やる事はない。
趣味としていじりたくなったらやろう。
Linux関連 > Debian | comments (0) | -

炊飯器であんこ

これも以前の日記より引用。

材料
小豆300g
砂糖250〜280g(お好み)
塩少々

洗った小豆を炊飯器(5合炊き以上)に入れる。
水を5合のメモリに合わせて入れる。

普通炊飯で炊飯器のスイッチを入れる。
終わったら砂糖と塩少々を入れかき混ぜてもう一度普通炊飯。
大抵は水分量が多いので早炊き炊飯したり水分が丁度良くなるまで保温するらしい。
待ってられなかったので鍋に入れてかき混ぜながら煮詰めた。
お料理 | comments (0) | -

アバウトな土鍋ご飯の炊き方

ここはメモ帳なので、今後はPC以外の事もメモしておく。
前の日記帳に書いてあるが、ここにもメモとして残しておこう。

必要な物
土鍋(お米とのサイズ感が多少必要)
お米2〜3合で三人用位の土鍋
お水、ガスコンロ、米、炊飯器

1.お米を研ぎいつも使っている炊飯器でいつもの適量を計って30分以上そのまま放置。
土鍋の安全のためまだ土鍋には入れない。

2.普通はここで水を切って水を計って入れるとかあるが、炊飯器に放置したお米と水をそのまま土鍋に入れる。
ここで手間をかけた方が美味しいかもしれないが、σ(・_・)の口では普通に美味しかったので食べれる物だと思われる。

3.中火の火にかけてブクブクするまで待つ。

4.ブクブクしたら弱火にする。

5.土鍋の蓋の穴からプクップクッと泡がでなくなったら強火にして10数えて火を止める。
心配なら蓋を空けて泡立っていなければOKらしいが、昔から赤子泣いても蓋とるなのイメージがあるんで蓋を開けて見たことはない。

6.火を止めてから10分位したら蓋を開けて混ぜる。

7.蓋を閉めて更に10分位放置する。
σ(・_・)乾燥防止に濡れ布巾を蓋の上からかけている。
お料理 | comments (0) | -

Debian祭りの開幕

しばらくPCいじりから離れている間に新しいDebianがリリースされました。
バージョン11のコードネームがbullseyeだそうです。
8月14にリリースされたそうです。
日本ではお盆の真っ最中ですな。
本当ならすぐにお試ししたい所ですが、今は少々忙しくPCいじりが出来ません。

ゲームとか庭いじりとか合間に家事とかしている間に一日が終わってしまいます。
庭いじりが一段落する頃にはやりたいと思います。

公式イメージファイルはhttps://www.debian.org/distrib/からダウンロードします。
公式では無線LANが難しいので私はfirmware込みのUnofficial non-free imagesからダウンロードして使う予定です。
非公式と言っても公式Debianのサイトから提供されているので安心です。

DebianがリリースされるとDebianベースディストリビューションのリリースラッシュが始まるので楽しみです。
Linux関連 > Debian | comments (0) | -

心機一転

ここで新しく覚え書きを残していこうと思います。
だがしかし。

覚え書きが必要な事をあまりやらないと思われるのでしばらくは更新する予定はありません。
ブログ | comments (0) | -
1/1